2015年度都内私立中学高校入試要項まとめ

都私学部のまとめによると私立中学校男子校32校、女子校74校、共学校78校、特別支援学校3校、計187校が生徒を募集し、男子校が70人減、女子校が327人減、共学校が302人増で、計2万5944人の募集となった。
都内私立高校の全日制課程の募集校は男子校23校、女子校51校、共学校は109校、募集人員は男子校185人減、女子校47人増、共学校は345人増、計3万7578人の募集。定時制では4校が446人、通信制は9校、1万840人を募集する。

学校法人根津育英会武蔵学園、海外大学進学課外コース開始

武蔵高等学校・中学校を運営する学校法人根津育英会武蔵学園が海外の大学に進学を希望する中高生を対象にした課外コース「武蔵テンプルREDプログラム」を始めた。イマージョン(英語で学ぶ)教育で題材は科学。リサーチ、エッセーライティング、デベートの頭文字「RED」を掲げ、テンプル大学をパートナーとした。首都圏の男女生徒に参加を呼び掛けている。

杉並区・公立小中学校への一部助成

杉並区は2014年度から、小学校の授業で使う補助教材費や、中学生の修学旅行費の一部を公費で助成する。
対象となるのは区立小学校42校の算数や社会、国語などで使うワークテストや漢字ドリルなどで、児童1人当たり7761円。中学校では全23校の修学旅行費を2分の1相当(生徒1人当たり3万円)を公費負担する。
区立の特別支援学校の小、中学部でも適用する。

2013年度、転編入試験の実施計画発表

東京都内・神奈川県内の私立高校、中学校などが3学期に受け入れる生徒の転・編入試験の実施計画を発表した。

東京都の詳細はこちら
神奈川の詳細はこちら

神奈川県私立中・高校 転編入情報

神奈川県は、私立の高校・中学・中等教育学校(中高一貫校)の2013年度1学期の転・編入学試験についての実施計画を発表した。
募集するのは、高校全日制37校と通信制4校、中学校34校、中等教育学校2校。
対象は県外からの転入生や帰国生など。
詳しくは、こちら

東京都の私立中学・高等学校の3学期末転・編入試験要項

東京私立中学高等学校協会が平成24年度3学期末に転・編入試験を実施する都内の私立中学、高校の要項を発表した。中学は男子校10校、女子高44校、共学校37校の計91校。高校は全日制の男子校13校、同女子高50校、同共学校46校、定時制の共学校2校、通信制の共学校9校の計120校が募集する。

詳しくはこちら

都教育委員会、「指導教諭」導入

都教育委員会は2013年度から、都立学校で卓越した指導力を持つ教諭に「指導教諭」の肩書きを与える。指導教諭は他の教員の手本となる模範授業や公開授業を実施するほか、求めがあれば他校にも出向き、授業の講評や助言を行う。指導教諭は都立高校や中等教育学校、特別支援学校の主任教諭の中から、指導実技や研究実績などをもとに選ぶ。また、教諭ごとに授業内容にばらつきが出るのを防ぐため、2013年度から都立学校で「教科主任」制度をスタートさせる。教科主任は学校長が国語、数学、英語、地理歴史・公民、理科、保健体育の教科ごとに、主任級以上の教諭の中から1人を任命する。

都内私立中・高 2学期末転・編入試験要項

東京都生活文化局私学部は都内の私立中・高校が2学期末に行う転・編入試験の実施要綱を発表した。10月25日現在、中学校は73校で、男子校6校、女子高37校、共学校30校。高校は95校(全日制86校、定時制1校、通信制8校)で、男子校7校、女子校41校、共学校47校。


詳しくはこちら

神奈川県私立中高の2013年度募集要項発表

神奈川県私立中学高等学校協会は2013年度の私立中学校・中等教育学校・高等学校の生徒募集要項を発表。中学校は58校、8,261人、中等教育学校は3校、400人、全日制高校は51校、14,648人。

詳しくはこちらをクリック

東京都の私立高校の入試実施要項

東京都は平成25年度の都内の私立高校の入試実施要項を発表した。募集する全日制校は前年度より1校増え、185校、定時制課程4校、通信制課程9校は前年同様である。募集人員は前年度より162人多い37,358人、定時制課程446人、通信制課程10,810人は前年同様である。東京純心女子が募集を再開した。

入試要項の詳細はこちらをクリック
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク