小学校の国語使用漢字を追加

文部科学相の諮問機関・中央教育審議会の作業部会は2020年度から小学校の国語で都道府県名の漢字20字を新たに教えることを決定した。小学校で教える漢字は1026字になる。
追加される漢字
 【岐・崎・沖・阜・潟・埼・井・阪・岡・佐・縄・梨・媛・香・鹿・奈・茨・熊・滋・栃】

小学校でのプログラミング教育必修を検討

文部科学省は小学校でのプログラミング教育の必修化を検討すると発表した。
2020年からの新学習指導要領に教える内容を盛り込む方針で、5月に有識者会議を開く。
理科や社会など今ある教科の中に盛り込む方針で、中学・高校でも必修科目の学習項目に入れ、拡充を検討する予定。

東京都公立小学校英語学習

<東京都内の公立小学校での英語教育の新たな取り組み>
・福生市は2016年度から独自の英語授業を導入し、小学1年生の英語の時間を年間5時間、4年生では18時間、5・6年生では正規の授業として35時間を確保する。また小6の英検5級と中3の英検3級受験を対象として英語検定試験受験料の公費負担を始める。
・2006年度に区立小学校に英語科を新設し、専門の日本人指導員による独自のカリキュラムを拡大した品川区は、発音や聞く力を養う目的で2014年度に導入した日本昔話などの英訳教材使用校を現在の14校から2016年度は倍増し、更に2017年度には全小学校37校に広げる。
・世田谷区は2016年度、教員をサポートする「英語活動支援員」を対象に産業能率大学と連携した研修を始める。産業能率大の体系的な研修プログラムを活用し支援員の質を底上げする。

小学英語

2020年度から小学校で導入予定の英語教育について、文部科学省の中央教育審議会の作業部会は下記の授業時間確保策を了承した。
・平日の授業を週1回増やす。
・土曜日を活用する。
・夏休みなど長期休暇を活用する。
・45分授業を60分授業に延長する。
・「朝の会」など短時間学習の組み合わせをする。
2020年度以降正式な教科となる英語は小学校3・4年生は年間35回(平均週1回)、5・6年生では現行の2倍の70回(平均週2回)実施される予定。

さいたま市小1から英語

さいたま市は市立小学校で英語を1年生から正式教科にすると発表した。
2016年度に全103校で導入する。
小中9年間を見通した市独自の英語教育カリキュラムを作成する研究を進め、
中学校でも授業数を増やす。
岐阜市も今年4月から1年生から導入する。

品川区立小で英語教育拡充

品川区は区立小学校で英会話だけではなく、通常小学校で教えないアルファベットも教え、5年生以上の英語教育を週2時間とし、中学校のカリキュラムと一貫性を高める。

2013年公立小学校調査

文部科学省の資料によると公立小学校の数は2013年20,836校、小学生の人数は6,676,920人。
英語を1、2年生から取り入れている小学校は29%、3、4年生からは13%、5年生からは58%。
理科の専門教師がいるのは40%。算数を少人数で指導しているのは41%。
2学期制を導入しているのは20%。学校選択制を実施しているのは16%。

小学校の英語教育

文部科学省は英語力向上のため、小学校英語の開始時期を3年生に早め、5・6年生は正式教科とし、授業時数も週3コマに増やす。2020年度からの開始を目指している。

英語教員リーダー育成

小学校英語の教科化を検討している文部科学省は2014年度から、全国の公立小学校の教員が英語の指導方法を身に付けられるよう、新たな研修制度を設ける方針を決めた。指導役の教員を育成して各都道府県、政令市に配置し、その教員が地域で研修を行うなどして5年かけて指導方法を裾野まで行き渡らせる構想だ。

国際数学理科教育動向調査で、小4過去最高

国際教育到達度評価学会によれば、63カ国・地域が参加した2011年度の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で日本の小学4年生の得点が過去最高だった。TIMSSは義務教育の途中段階で基礎的知識の定着を見る。今回の調査には世界の小中学生約50万人が参加、日本からは約8800人が受験した。

詳しくはこちら
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク