大学生の学習支援センター

大学の授業を理解できない生徒のための学習支援センターが設置されている大学が2009年度調査で291校と前年調査より100校、55%増加。国立校でも設置率が69%に上っている。

公立の小中一貫

鳥取県松江市では市内すべて一斉に小中一貫教育を実施する。現行の義務教育「6・3制」を「4・3・2」に区分し、小5~中1の3年間を小中の教師が共同で見守る指導体制とする。2010年1月現在、小中一貫教育を行う市区町村は一部実施も含め,188自治体。横浜、宇都宮、京都、奈良市などが全市の実施を計画している。

表現力向上事業

文科省は2010年度、能などの舞台芸術家や劇団員、落語家などを講師として小中高校などに派遣する事業に乗り出す。今年度は45都道府県292校に年3~12回派遣し、表現体験や脚本演出に関する講義を通して、児童・生徒の表現力や対話力向上を図る。

教育人事権を市町村に:大阪

文科省は「都道府県と政令都市の教育委員会に認められている教員の人事権を市町村教育委員会に移譲する」という大阪府の要請を受け入れた。実施には各自治体の条例改正が必要。給与負担も市町村に移すことを検討している。

生徒指導提要

2010年4月
文科省は児童生徒への指導方法をまとめた教師向けの手引書「生徒指導提要」を45年振りに作成した。国公私立の小中高校などに配布する。ネットいじめ、薬物乱用、学習障害などの項目も新たに加えた。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク