九段中等教育学校 入学応募数

中高一貫の千代田区立九段中等教育学校の入学応募者数は、区分A(区民対象、募集80人)は155人(倍率1.94倍)、区分B(区外の都民対象、募集80人)は598人(倍率7.48倍)となった。
適性検査は2月3日、合格発表は5日午後10時にHP上で、7日午前9時に同校富士見校舎に掲示される。

千代田区 小学校にサポーター新設

千代田区は、子育てを終えた人などを「スクールライフ・サポーター」として小学校の教室に常駐させ、勉強以外の面で子どもの学校生活を支援したり、保護者に子育てを助言したりする制度を新設する。
教員免許の有無は問わず、21人を採用して各校に配置。全国的にも珍しい取り組みだ。

杉並区 「30人程度学級」拡大

杉並区教育委員会は、区立小学校4年生までに独自に実施している「30人程度学級」を、新年度から5年生に拡大する方針を固めた。都からの教員の配置は40人学級を前提とされているため、不足する教員は区の教育委員会が採用する。
同区では2008年度から1年生と3年生、09年度から1~4年生で「30人程度学級」を導入済み。さらに12年度には6年生まで拡大する予定。
国は新年度から公立小学校の学級編成を1年生に限って35人学級を導入する方針を固めている。

都立高推薦入試

都教育委員会によると、都立高校推薦入試の応募状況は、全日制の平均倍率は2.91倍(昨年より0.12ポイント減)で3年ぶりに前年を下回った。推薦入試は27、28日に行われ、合格発表は2月2日。

慶應大学がセンター試験から撤退

慶應大学は来年度入試より全学部でセンター試験の利用を廃止する。
慶応大学の担当者は、「優秀な学生の獲得を目指し、独自の特色ある入試を導入する」ためと説明している。
今年度で22回目を迎えたセンター試験は、利用校が増え続け、今年過去最高の829校が参加した。

教員免許 取得条件引き上げ

教員免許制度の見直しなどを検討している中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の特別部会は、現行(短大卒業者向けを含む3段階)の教員免許状を改め、「基礎免許状」(大卒向け)「一般免許状」(大学院修士課程の修了者向け)「専門免許状」(学校経営や生徒指導などの専門性を備えた教員向け)の3段階とする報告案を大筋で了解した。基礎免許状には有効期限を設け、一定期間後に一般免許状の取得を義務化し、教員免許の取得条件を大学院修士レベルに引き上げるとしている。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク