都立高校入試 最終応募状況

都教育庁は全日制176校で募集人員28,448人に対し、43,173人の応募があり、最終応募倍率は1.52倍と発表した。前年度を0.01ポイント下回った。普通科で最も倍率が高かったのは、男子が日比谷の3.33倍、女子が三田の2.51倍だった。

学力検査は海外帰国生が16日、一般生徒は23日に実施される。

都内公立中高一貫校 10,642人が受験

2月3日、都内に11校ある公立中高一貫校で入試が行われた。平均受験倍率は7.14倍で、千代田区立九段中等教育も7.14倍だった。合格発表は都立10校が9日に発表、九段中等教育は5日にすでに行われた。

都立高校推薦入試 合格者発表

都教育委員会は2月2日、都立高の推薦入試の合格者を発表、推薦入試を行った全日制170校で前年度より491人少ない10,586人(男子4771人、女子5815人)が合格した。

全日制高校全体の倍率は2.91倍で前年より0.12ポイント減、普通科の倍率も前年から0.05ポイント下がり、3.25倍だった。

都内私立高校入試募集 平均2.57倍と発表

全日制で募集を行う私立高校は、前年度より4校減の186校で、計20,561人に対し、52,788人となり、倍率は2.57倍で前年から0.1ポイントの減少。

なお、共学の倍率は3.08倍で、男子校は2.49倍、女子校は1.07倍だった。

国公立大学の2次試験 志願者数と倍率

文部科学省によると国公立大159大学536学部の志願者数は、485,961人(昨年度同時点より約14,000人増)、倍率は4.8倍(昨年度同時点比0.1ポイント増)だった。
国公立別でみると、国立の志願者は82大学367学部で358,388人、倍率4.4倍(同0.1ポイント増)、公立は独自日程の国際教養大(秋田)と新潟県立大を除く77大学169学部で志願者は127,573人となり、志願倍率は昨年度同時点と同じ6.4倍だった。
志願者が多かった場合にセンター試験の成績などによる「2段階選抜」を実施すると予告していた57大学164学部のうち、45大学103学部で実施予定倍率を超えた。

センター試験 受験者数と倍率

先月行われた大学入試センター試験の受験者数は、527,793人(昨年よりも約7000人増)で、科目別平均点は、英語の筆記(200点満点)が122.78点(昨年より4.64点上)、国語(200点満点)が111.29点(昨年より3.67点上)など、29科目中15科目で昨年を上回った。
しかし英語のリスニング(50点満点)では、25.17点(昨年より4.22点下)となった。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク