国際数学理科教育動向調査で、小4過去最高

国際教育到達度評価学会によれば、63カ国・地域が参加した2011年度の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で日本の小学4年生の得点が過去最高だった。TIMSSは義務教育の途中段階で基礎的知識の定着を見る。今回の調査には世界の小中学生約50万人が参加、日本からは約8800人が受験した。

詳しくはこちら

都教育委員会、「指導教諭」導入

都教育委員会は2013年度から、都立学校で卓越した指導力を持つ教諭に「指導教諭」の肩書きを与える。指導教諭は他の教員の手本となる模範授業や公開授業を実施するほか、求めがあれば他校にも出向き、授業の講評や助言を行う。指導教諭は都立高校や中等教育学校、特別支援学校の主任教諭の中から、指導実技や研究実績などをもとに選ぶ。また、教諭ごとに授業内容にばらつきが出るのを防ぐため、2013年度から都立学校で「教科主任」制度をスタートさせる。教科主任は学校長が国語、数学、英語、地理歴史・公民、理科、保健体育の教科ごとに、主任級以上の教諭の中から1人を任命する。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク