慶應大学、学期見直し

慶應義塾大学は学生の海外留学や海外教員・留学生の受け入れをし易くするため、学期スケジュールを見直す。新スケジュール案は4種類。4案はいずれも春入学・秋入学に対応でき秋入学の拡大にも役立つ見込み。
 ①4学期制で春と秋学期を半分ずつに区切り、約2ヶ月で学期を終える
 ②春学期の途中の6~8月を夏休みにして休み明けを定期試験を行う変則型の2学期制
 ③夏休み期間を除き、残りを4学期に区切る
 ④夏休み以外を10週間ずつに区切る3学期制
採用案は2013年度中に決める。

東京大学大学院で「教える力」伝授

東京大学は2013年度から大学教員を目指す大学院生を対象に「授業のやり方」を教える講座を開設する。同講座では授業計画書の書き方のほか、大教室での講義、討論やグループ発表といった学生参加型授業の組み立て方などを教える。各学期180分授業を8回行う。2013年度は約100人の受講を目指す。

都立高校、学力目標3分類

東京都教育委員会は一部の進学校や中高一貫校などを除く全都立高校で、学校ごとに生徒達が達成すべき学力目標を基礎、応用、発展の3段階に分けて設定する。2013年4月から32校で先行実施し、2014年度から本格導入する。生徒のレベルに応じた指導を行うことで学力の底上げを図るのが狙い。

詳しくはこちら
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク