大学新設学部

日本体育大学2013年度児童スポーツ教育学部、上武大学2014年度スポーツ健康マネジメント学科、千葉商科大学2014年度人間社会学部、創価大学2014年度「国際教養学部」、新潟国際情報大学2014年度「国際学部国際文化学科」を新設。
武蔵野大学2014年度法学部と経済学部で「エクゼクティブ・スカラシップ・プログラム」、工学院大学2013年度「ハイブリッド留学プログラム」を開始する。
実践女子大学2014年度「渋谷キャンバス」を新設し文学部、人間社会学部、短期大学が移転。

2015年度新課程入試について

現高校2年生が受験する2015年度入試から数学と理科で新課程入試が始まる。センター試験では「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」の8科目が出題されるが「基礎を付した科目」を受験する場合は必ず2科目選択しなければならない。「基礎を付さない科目」を受験する場合には1または2科目選択が可能となる。また、「基礎を付した科目」2+「基礎を付さない科目」1の計3科目の受験も可能。
この組み合わせの中から志望する大学が指定する科目を受験することになる。

東京工業大学教育改革

東京工業大学は学部入学から通常6年かかる修士号取得を最短4年で可能にし、1年間の授業期間を4分割した「4学期制」に全面移行する教育改革を2016年度から全学年で実施する。

大学の新設

文部科学省の大学設置・学校法人審議会は山形県立米沢栄養大学、敦賀市立看護大学、日本医療大学(札幌市)、京都看護大学、大和大学(大阪府吹田市)、新見公立大学院(岡山県新見市)の大学5校・大学院1校の新設を認めた。

公立高校に海外進学コース

新潟県南魚沼市にある県立国際情報情報高校が今年度「海外大学進学コース」を新設した。定員は10名前後、寮がある。英検2級程度の英語力、志望動機、学習・生活態度を基準に選ぶ。

海外留学を企業がサポート

文部科学省は海外留学者への新しい給付型奨学金制度を2014年度に創設する方針を固めた。奨学金対象者を現在の約3倍、36,000人以上に増やす計画で、民間企業から200億円規模の出資を募る。出資企業が、帰国した学生を対象に長期インターンシップや企業説明会を開催し、採用につなげられるようにする。

高校中退予防学習教室

埼玉県から事業委託を受ける一般社団法人「彩の国子ども・若者支援ネットワーク」、東京都調布市の市立中の教諭ら市民有志が設立した「若者の再出発を支えるネット」、さいたま市のNPO法人「さいたまユースサポートネット」では高校卒業程度認定試験や高校編入試験に向けてのサポート、通信高校の情報提供、高校中退予防の学習教室などを開いている。

小・中学校の道徳教育

小中学校の道徳の教科化について文部科学省は国語や数学と異なる「特別の教科」を新設し、実施する方針を固めた。2015年度から実施する。

小学校の英語教育

文部科学省は英語力向上のため、小学校英語の開始時期を3年生に早め、5・6年生は正式教科とし、授業時数も週3コマに増やす。2020年度からの開始を目指している。

東京都小中学校で習熟度別授業

東京都教育委員会は、小学校高学年の算数と中学校の数学について、2014年度にも全公立学校で習熟度別授業を導入する方針。

埼玉県公立高校募集人員

埼玉県教育局は2014年度の公立高校の生徒募集人員を発表した。全日制は142校が計4万人を募集。浦和西、春日部など9校が計360人増やす。浦和、浦和第一女子など計13校で各40人減らす。さいたま市立大宮北は理数科を新設した。

大学授業などインターネット無料配信

来春から社会人や高校生らを対象にした「大規模公開オンライン講座(MOOC)」を実施する。東京大、京都大、早稲田大、慶応大など13校の授業(歴史学、統計学、サブカルチャー論、外国人学生向け日本語講座など計13科目)をインターネットで無料配信する予定。基本的に授業は英語で行われる。

海外大学進学 県が後押し

熊本県は、海外大学進学を応援しようと、同県内の中学・高校生が無料で受講できる「海外チャレンジ塾」を始めた。塾には、「海外進学コース」と「グローバル人材育成コース」が設けられている。
熊本県では、海外の高校や大学に留学する際の奨学金支給など支援を行っている。

都私立校183校で募集

都私学部は3日、2014年度の都内私立高校の入試要項をまとめた。
全日制課程では、北区の京北学園白山(文京区)が校舎新設移転・共学化に伴った新入生の募集を一時停止し、高輪(港区)も外部進学者の募集を取りやめる。このため募集校は2013年度より2校減って183校、募集人員は13人増の計3万7371人となった。定時制は2013年度と同じ4校が446人を募集する。試験日は、推薦入試が来年1月22日、一般入試は同2月10日にピークを迎える。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク