小中一貫教育211自治体で実施

義務教育の9年間を一貫したカリキュラムで指導する小中一貫教育が全国の区市町村の12%にあたる211自治体で行われていることが文部科学省の調査でわかった。一貫教育が実施されている小中学校計1130組の3割が「4・3・2年制」を導入、「中学校1校:小学校2校」の組み合わせが4割、「小中学校各1校」が3割。実施自治体の9割が中1ギャップの解消など、一貫教育の成果があったと回答した。

学校法人根津育英会武蔵学園、海外大学進学課外コース開始

武蔵高等学校・中学校を運営する学校法人根津育英会武蔵学園が海外の大学に進学を希望する中高生を対象にした課外コース「武蔵テンプルREDプログラム」を始めた。イマージョン(英語で学ぶ)教育で題材は科学。リサーチ、エッセーライティング、デベートの頭文字「RED」を掲げ、テンプル大学をパートナーとした。首都圏の男女生徒に参加を呼び掛けている。

道徳「特別の教科」に

中央教育審議会の道徳教育専門部会は小中学校の道徳について検定教科書を導入する一方で、数値などによる評価をしない「特別の教科」とする答申案をまとめた。2018年から実施予定で、年間授業時間は35時間(小学1年は34時間)とし、学習状況や成長の様子を文章で記述する。

国公立大学のAO・推薦入試最多

文部科学省は国立大82校、公立大84校、計166校の2015年度入試で、アドミッション・オフィス(AO)と推薦入試がともに過去最多となり、AO入試を実施するのは71校、推薦入試は157校となると概要を発表した。

明治大学が4学期制実施へ

2017年度から明治大学は全学部で4学期制を導入する。200人規模の国際学生寮も開設する。

品川区立小で英語教育拡充

品川区は区立小学校で英会話だけではなく、通常小学校で教えないアルファベットも教え、5年生以上の英語教育を週2時間とし、中学校のカリキュラムと一貫性を高める。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク