慶應義塾大学とフランスビジネススクールと提携

慶應義塾大学はフランスのビジネススクールHECと提携し、慶大生が経営学修士号を5年で取得できる制度を設ける。
国内で3年、HECで2年学び、HEC1年目に慶大経済学の学士号、2年目にHECの経営学修士号を取得する。
経済学部に2016年秋に入学する学生から制度の対象になる。

小学校でのプログラミング教育必修を検討

文部科学省は小学校でのプログラミング教育の必修化を検討すると発表した。
2020年からの新学習指導要領に教える内容を盛り込む方針で、5月に有識者会議を開く。
理科や社会など今ある教科の中に盛り込む方針で、中学・高校でも必修科目の学習項目に入れ、拡充を検討する予定。

義務教育学校22校を開設

2016年度小中一貫教育を行う「義務教育学校」が13都道府県で22校開校された。「義務教育学校」は校長が一人で、教員は小・中学校両方の免許が必要で、学年の区切りを変更できる。2017年度以降は公立114校、国立3校、私立2校が開校予定となっている。

「小中一貫型小学校・中学校」は21府県37市町村が115組(小学校231校、中学校115校)が今年度開設する予定。
「小中一貫型小学校・中学校」は小・中学校それぞれに校長を置き、教員は所属する学校の免許が必要。

筑波大学・国際基督教大学の連携

筑波大学と国際基督教大学(ICU)は学生が相手校の授業を受けたり、海外協定校に留学できるようにする連携協定を結んだ。
2015年度から各校20名程度を受け入れる。協定によって相手校の授業の受講や卒業研究の指導を長期にわたって受けられ、単位も認める。ICUが欧米を中心に約70校、筑波大が東南アジアも含め約250校持つ協定校についても、両校の学生が留学できるようにする。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク