教育再生実行会議の提言

教育再生実行会議は発達障がいや不登校などの課題解決や特に優れた能力を伸ばす施策について以下のように提言した。
<発達障がいなど>
・乳幼児から小中高まで、障がいの個別支援情報を引き継ぐ仕組みを構築
・教員養成で特別支援教育の科目を必修化
<不登校>
・全公立小中学校にスクールカウンセラーを配置
・不登校特例校の設置を促進
<英才教育>
・突出した能力のある小中学生対象の新たな教育プログラムを創設
<教育機会>
・給付型奨学金を検討

小学校の国語使用漢字を追加

文部科学相の諮問機関・中央教育審議会の作業部会は2020年度から小学校の国語で都道府県名の漢字20字を新たに教えることを決定した。小学校で教える漢字は1026字になる。
追加される漢字
 【岐・崎・沖・阜・潟・埼・井・阪・岡・佐・縄・梨・媛・香・鹿・奈・茨・熊・滋・栃】

中3学力テストに「英語」を導入

文部科学省は2019年度から、全国学力テストに中学3年生を対象に英語を導入する。国語・数学のテストは毎年行われているが、英語は理科と同様に、3年に1回実施される。英語の「読む・聞く・書く」の3技能は45分程度で、国語や数学と同じ日に実施し、「話す」技能は後日、生徒と教員が10分程度、対面する方式で行う。
また、学校や教育委員会が結果を分析する際の目安になる全国統一の学力指標を18年度から導入する方針。

首都大学東京再編

首都大学東京は2018年度から4学部を7学部に再編する。現在の「都市環境学部」「システムデザイン学部」「健康福祉学部」に加え、「都市教養学部」を4分割し「人文社会学部」「法学部」「経済経営学部」「理学部」とする。

全小中高校に無線LAN導入

総務省は2020年までに、全国すべての小中高校に無線LAN「WiーFi」を導入する方針を決めた。
「デジタル教科書」の普及に向け、導入が必要とされる無線LANの導入費用の半分を補助する。各教室のほか職員室や体育館にもルーターを設置し、災害時には避難者に解放し情報収集ができるようにする。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク