高校に早期卒業制導入

文部科学省は高校修業年限を「3年」と定めた学校教育法を改正し、成績が一定以上の生徒を対象に、大学進学を前提とする「早期卒業制度」を導入する方針を固めた。同制度により、2年で卒業して大学に飛び入学したり、2年半で卒業して秋入学の留学へスムーズにつなげることも可能になる。優れた資質を持つ高校2年生について大学入試を認める「飛び入学」制度は、「高校中退」扱いとなり、大学を中退した場合、中卒資格となってしまうことや、個人や大学へのメリットが明確でないと指摘されていたが、高校在学が3年に満たなくても「高校卒業」と認めることで、飛び入学の希望者や受け入れる大学が増えると見通す。「飛び入学」は1997年の学校教育法施行規則改正で認められ、98年度に千葉大が初めて導入し、現在は6大学が受け入れている。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク