大学入試センター試験、理科の内容を見直し

大学入試センターは、2012年1月の試験で起きたトラブルを受け、2015年度センター試験の「理科」の選択科目で基礎科目1科目だけの選択肢をなくし、2科目必須とすることを近く最終決定する。この決定に対し、基礎科目1科目のみを必履修とするカリキュラムを編成した、全高校の1割にあたる専門学校や総合高校の受験生に影響が出るとして、打診を受けた高校関係者は反発している。昨年4月に公表された15年度の試験実施方法では、基礎科目のみで受験する場合は「物理基礎」「科学基礎」などの4科目から「2科目または1科目を選択する」とされていた。
大学入試センターは2015年度の「理科」の基礎科目の1科目だけの選択をなくし、2科目を必須とすることを近く最終決定する。この決定により、基礎科目で1科目のみを必履修とするカリキュラムを編成した、全高校の約1割にあたる専門学校や総合高校の受験生に影響がでるため、変更の打診を受けた高校関係者は反発している。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク