2013年度国公立大入試のポイント

国公立162大学554学部の2013年度の募集定員は2012年度よりも399人増加し、計12万4491人(国立大96,310人、公立28,181人)。このうちAO入試は70大学172学部、推薦入試は154大学430学部で行われ、合計の募集定員は22,303人で、全体の18%を占める。ただし、AO入試の募集定員は2012年度より115人減り、3,247人。また、AO入試とセンター試験を併用する大学は2大学4学部増えて28大学68学部になり、過去最多になった。推薦入試でも76大学166学部がセンター試験を併用している。大学生の学力低下に危機感を強めた多くの国公立大学が、受験生の基礎学力を確認するのが狙い。このほか、帰国子女入試は95大学257学部で、社会人入試も98大学191学部で実施される。今春のセンター試験で多発した配布ミスの改善を行ったほか、出願に際し、受験教科の登録を一度だけ訂正を可能にする。また、108大学400学部(72.2%)で「5教科7科目以上」の受験を課し、57大学156学部が2段階選抜の実施を予告している。

     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク