大学入学定員数減少

国立大・大学院の入学定員数が13年度36人減少する見通しであることがわかった。
定員数減少が顕著なのは佐賀大学(15人減)。学内調査で入試倍率が2倍を切ると入学者の学力が下がる結果があり、「学生の質の保証」のために経済学部の定員を減らす。
18歳人口が減る中、定員を減らす動きは必然の流れと見られる。
同様に私立大学でも定員減の動きが出始め、早稲田大学は20年後に学部生を今より2割減らすとする中長期計画を発表した。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク