大学新設、二段階で審査

大学の設置認可制度の見直しを検討していた文部科学省の有識者会議は大学新設時の審査を二段階にするよう提言した。新基準では申請を受けた後、第一に「全体構想審査」を実施し、大学側のトップから将来構想を聞き取り、社会的な需要や現実性があるかを判断するほか、地元企業や高校などの意見も聞く。第二段階で教育課程や教員数などを審査し、学生が計画通りに確保できなかった場合の対応も確認する。2014年度開学の大学審査から適用する。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク