京大一般教養の授業の半分に英語を導入

京都大学は2013年度から5年間で外国人教員を約100名増やし、1・2年生が学ぶ一般教養の授業の半分を英語で実施する。4月から教養教育を担う新たな組織「国際高等教育院」を設置し、具体的な英語での講義内容を検討する。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク