「国際バカロレア」取得のための日本語授業開始

2015年4月から大学受験資格「国際バカロレア(IB)」取得のための教育課程が日本語でも行われる。すでに東京学芸大附属国際中等教育学校や北海道、愛知、福井県などの国公私立高約20校が、授業を始める準備を進めており、2013年10月以降、順次認定申請の手続きに入る。日本語授業が導入されるのは、生物、化学、世界史、政治経済などで、カリキュラム全体の3分の2を占める。英語や数学、芸術は従来通り英語で行われ、語学力を担保する。日本語授業開始に伴い、2017年11月以降に成果を測る最終試験も日本語で行われる。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク