慶應大学グローバル対応施設開設・国際バカロレア入試

慶應義塾大学は学生や海外からの研究者らが共に学べる滞在型教育研究施設「未来創造塾」を湘南藤沢キャンパスに2015年、学生と教員が寝食を共にしながら学ぶ180人収容の教育施設を開設する。

2014年夏に「国際バカロレアIB」を日本国内で取得した受験生向けの入試を導入し、全学的にグローバル化対応を進める。
IB入試は、法学部の帰国生入試(定員20人)の対象者に、日本国内の高校やインターナショナルスクールでのIB取得者を加え面接などで選抜する。9月入学も選択できるようにする。
4学期制を総合政策学部など3学部と大学院の2研究科で一部導入する。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク