お茶の水女子大学と奈良女子大学が大学院を共同運営

お茶の水女子大と奈良女子大は理工系の女性リーダーを育成するため、共同運営の大学院「生活工学共同専攻(仮称)」を
2016年度から始める。大学院は修士課程と博士課程を持ち、定員は修士14人、博士4人、学位は2大学の連名となる。
両大学の付属学校の児童・生徒を対象に小中高の教育課程で女子生徒に理系に興味を持たせる教育プログラムの開発や教員への研修に取り組んでいく。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク