指導要領改定を諮問

小中高校の学習内容を定めている学習指導要領の全面改定について、文部科学相は20日、中央教育審議会に諮問した。
中央教教育審議会は2016年までに答申する見通し。
主な諮問内容
・小学3年から英語教育を始め、5、6年からは教科に英語をを加える。
・中高の英語教育も改革し、中学校の英語の授業は基本的に英語で行う。
・日本史の必修化を含め、高校の地理歴史を見直す。
・高校で社会での規範意識を身に着ける新科目を創設する。
どのように学ぶかを重視し、自ら課題を発見して解決を図る「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる学習手法を充実させるための検討も要請した。受験英語ではなく使える英語にシフトさせたいとしている。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク