小学校未修了で中学校に入学を認可する事例

文科省は無戸籍、不登校、外国籍など 小学校を卒業できなかった子どもについて、希望すれば中学校に進学させるよう 全国の教育委員会に通知し 国として明文化した。 
中学入学が認められる「特別な事情」
 ①海外から帰国し、日本語能力が足りず、就学義務免除や猶予となっていた。
 ②外国人学校の小学部に通っていた外国籍児童。
 ③虐待などで複雑な事情で未就学期間が生じた。
 ④犯罪被害により居所不明、無戸籍になった。
 ⑤不登校のまま小学校相当年齢を過ぎてしまった。
 ⑥病弱などで小学校の就学義務免除となっていた。

<フレンズより>
①に関して日本国籍・二重国籍の帰国生が、日本語力が足りないなど特別な理由で外国人学校に入学する場合、教育委員会で就学義務免除や猶予の申請をし、認可を受けていなければ中学校に入学できません。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク