国公立大学入試

■AO・推薦入試
文部科学省によると、国公立大学の来春入試の募集定員は、計123,912人(今春よりも1,308人増)。このうち、AO、推薦入試の募集定員合計は22,212人で、全体の17.9%を占める。推薦入試は、151大学425学部で実施。AO入試は、北海道大学医学部や横浜国立大理工学部などが新たに導入、69大学の173学部で行われる。
文科省は今年5月、センター試験の結果や高校の調査書の成績を、AO入試の出願要件や合否判定に加えるよう各大学に要請した。来春、AO入試とセンター試験を併用する大学は25大学61学部で、今春より1大学5学部増えた。推薦入試でも71大学150学部がセンター試験を課す。

■センター試験
来年1月15、16日に実施。
「5教科7科目以上」を課すのは、109大学390学部で67.7%を占める。
個別の学力検査で英語のリスニングを課すのは16大学31学部となり、今春より4大学5学部減った。
2段階選抜の実施を予告しているのは、57大学159学部(今春よりも2大学増1学部減)。
帰国子女入試は99大学268学部で、社会人入試も97大学187学部でそれぞれ実施予定。

■日程
前期試験は2011年2月25日以降、公立大のみ実施の中期試験は3月8日以降、後期試験は3月12日以降に実施される。
国際教養大(秋田)と新潟県立大は独自の日程で試験を行う。
前期の募集定員は78,619人(703人増)、中期は1,867人(34人減)、後期は20,048人(110人増)。
     
プロフィール

フレンズ 帰国生 母の会

Author:フレンズ 帰国生 母の会

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク